車両を運ぶには?陸送と輸送のメリット、デメリット、費用について

車両を運ぶのには「キャリアカーなどに積む」「自走する」といった方法がありますが、運ぶ手段として「陸送」「輸送」などと色々な呼び方があります。

これは何が違っているのでしょうか。

ここではそれぞれの詳細とメリット、デメリット、またどうすれば費用を安く抑えることができるのかということについて紹介していきたいと思います。

1、陸送と輸送の違いについて

昔は車を買うと言えばディーラーや販売店で購入するというのが一般的でした。

しかし最近では個人間でもオークションサイトなどを利用して取引が行われるようになっています。

個人間の場合は販売しているのが企業ではありませんので、販売した人が車を運ぶか、購入した人が取りに行く必要があります。

このとき、なかなか車を運ぶ時間がとれない、知らない人と直接会いたくないといった理由で車を運んでくれる「回送ドライバー」を使う場合があります。

仕事を受けた回送ドライバーは販売者のもとから購入者のもとまで車を運ぶことになります。

このとき運ぶ手段が「陸送」や「輸送」と呼ばれるものです。

陸送とはその名前が意味している通りに「陸を走って運ぶ」ということです。

一般道路や高速道路などを使って運ぶのですが、2つの方法があります。

  1. 「キャリアカーなどに車を積み込んで車で車を運ぶ」
  2. 「ドライバーが運ぶ対象の車に乗り込んで自走する」

どちらを選ぶかは車の状態や距離などの条件によって決まります。

輸送とはとにかくすべての手段を視野に入れて車を運ぶことを意味します。

そのため輸送には「空送」「船送」「陸送」すべて含みます。

飛行機で運ぶ空送は圧倒的な長距離を運ぶ場合に使われるのですが、高額になるという欠点があります。

船送は海外などからや国内でも遠距離を運ぶ際に使用される方法です。

一度に大量の車を運ぶことができるというメリットがありますが、港から港までしか運べないというデメリットがあります。

空送や船送の場合は積み込む際、運搬中、降ろす際などにキズや汚れがつくという可能性があるため、注意が必要となります。

 

もっとも多く使われる陸送は目的地まで直接運ぶことができるというメリットがあるのですが、一度に大量には運べないというデメリットがあります。

それぞれのメリットとデメリットを考えて最適な方法を組み合わせて使うことが多くなっています。

 

2、陸送のメリットとデメリット

陸送はレンタカーの回収や新車の納入、リース車の運搬、整備工場への移動など幅広く使用される方法です。

事業所や自宅、整備工場など目的地まで直接運ぶことができる、というメリットがあり、もっとも多く使われる運搬方法となっています。

山奥の現場に運ぶ際や近くに港や空港がない場合には特に使用される方法ではありますが、遠くまで運ぶ際などは費用が高くなっていくというデメリットもあります。

 

また、陸送の場合は「故障車」「法令上走行できない車」をキャリアカーなどで運搬することができるという強みがあります。

公道を問題なく走行できる車を運ぶ場合は自走するということがあるのですが、事故などの原因によって自走することができない車、ライトなどが破損していて走行するのに法令上問題がある車、または公道を走行することができない建機などを運ぶ場合はキャリアカーやトレーラーを使用して運ぶことになります。

これができるのも陸送の強みだと言えるでしょう。

 

3、陸送、輸送の費用を抑えたい場合は

車を運搬したいという場合は、輸送業者、運送業者、回送専門業者などを利用するのが一般的となります。

ただし、会社によって地域や規模、運ぶ車の種類などによって強みと弱みがあります。

その会社が得意としている条件に当てはまれば安く運ぶことができますし、あまり得意としていない場合は高くついたり断られたりすることがあります。

そこでそういった輸送費を抑える方法をいくつか紹介していきたいと思います。

 

3-1、見積もりをしっかりととる

輸送費は依頼する会社によって違ってきますので、依頼する車両、距離、時期などによってどこの会社を使えば得になるのかも変わってきます。

いきなり仕事を依頼してしまうのではなく、いくつかの業者に見積もりをとってもらい、比較して選ぶというのが良いでしょう。

同じ業者であっても依頼する条件が変われば費用も大きく変わる可能性があります。

費用が決まる条件としては、

・輸送区間

・輸送距離

・走行する道路や時間帯といった条件

などがあります。

輸送区間は東京や大阪、福岡といった大都市などに拠点を持っている大手運送会社が得意とするところです。

決まった区間を運ぶために比較的安い費用に抑えることができます。

これは日本のあちこちに事業所を持っているような会社であれば同様のことが言えます。

逆に近くに拠点がないという場所へ運ぶ場合には費用が高くなることがあります。

輸送距離は実際に走行する距離で費用を決めるというものです。

距離で金額が決まるので利用する側からもわかりやすいというメリットがあります。

 

その他、走行する道路が混雑しやすい道路ばかりか、運ぶ場所が山奥など不便な場所か、深夜帯に走行することが求められているか、急ぎの案件かなどの付属条件によっても費用は変わってきます。

 

3-2、大手運送会社、地元の会社、回送専門業者を使う

陸送、輸送をしてくれる業者にも色々とあり、本業が別にあって回送もしているという業者もあれば、回送を専門に行っている業者もあります。

特に回送専門業者には建機専門、大型車専門、のような専門分野を持っているところもあります。

観光地などでのレンタカーの回収であれば、その地域の業者。

遠距離の利用であればあちこちに事業所を持っている大手運送会社。

建機や特殊車両であれば回送専門業者を利用するというように使い分けをしていけば効率的に仕事を依頼することができるでしょう。

 

3-3、中継地点をうまく使う

車両を回送する際にある程度距離がある場合などは事業所などを拠点として考えて費用を計算することがあります。

その中継地点などまで自分が車両を取りに行ったりすることで全体にかかる費用を抑えることができる場合があります。

 

 

4、自走回送ドライバーとして働くにあたって

これまでの述べた輸送の方法、手段やそこにかかる費用については利用する側にとって重要な情報となりますが、同時に自走回送ドライバーとして働く場合にも重要なこととなります。

どうやって車両が運ばれているのか、費用はどのように決まっているのかということを知っていれば、働く側からしても効率的に働くことができるのです。

自走回送ドライバーとして働く前に、まずはこういった基本的な情報を知っておきましょう。

 

 

まとめ

車両を運ぶ手段やその際にかかる費用について紹介してきました。

自走回送ドライバーとして働く際には、まずここを知った上で行いましょう。

基本は「遠くまで運ぶ」「大型車両、特殊車両を運ぶ」ほど報酬も大きくなるということを押さえておくとわかりやすいかもしれません。