建機レンタル会社専門の自走回送ドライバーの1日の仕事の流れ

建機レンタル会社専門の自走回送ドライバーの仕事の流れを紹介します。

1.配車指示を受け取る

配車指示は前日のPM7:00に登録したメールアドレスまで配車依頼メールが届きます。メールから専用サイトにログインすると配車内容を確認することができます。

配車内容を確認・把握した上で、原則30分以内に『了解』ボタンを押して応答します。

配車内容に従い、「自宅~引取り場所~納車場所」までの移動/走行ルートを組み立て、翌日の業務に備えます。

具体的には
・自宅から回送する車両を受け取る所までの行き方を確認する
・スムーズに回送するため交通・道路状況等(渋滞や道路工事、通行止めがないか)を確認する
・納車先の近くの駅・バス停などを公共機関のポイントを確認する

前日依頼された納車先が、当日の出発直前に、いきなり変更になることがありますので、臨機応変に対応することも必要です。

2.車両の引取り

当日は前日の配車に基づき指定された営業所や現場へ時間に余裕を持って出発します。

引き取り先が営業所の場合、建機レンタル会社(営業所)の営業開始時間となるAM8:00到着が原則となります。
現場引取りや納車の場合は、指定時間までに現地に向かいます。

1)フロントへあいさつ

到着後、フロントにて「○○行きの○○車両を引取りに伺いました』と必ず告げて該当車両の鍵やファイルや伝票を受け取ります。

2)車両の検品

次に敷地内に駐車してある依頼車両に向かい出入庫確認伝票を元にくまなく車両の検品を実施します。(傷の凹みや飛び石の有無など)

3)フロントへ伝票を渡します

検品完了後、再度フロントに出向き出入庫確認伝票の検品結果を伝え、所定の場所にサインをいただき、「引取先・営業所(現場)控え」を切り取りフロント対応者へお渡しします。
伝票を先方のご担当者へ渡したら車両に乗り込み、目的地へ向け出発します。

3.納車

1)伝票の記入

納車場所に到着後は、「出入庫確認伝票」に走行距離や納車時間など、必要事項を記入します。

2)フロントへ納車完了報告

鍵をつけたままフロントへ向かい出入庫確認伝票にサインをいただきます。
専用サイトから納車完了報告の報告をして業務終了となります。

次の回送がある場合は、2~3を繰り返します。1日の回送業務が終わった後は自宅へ帰宅します。

自走回送ドライバーの仕事は、初めて行く地域や場所に行く機会が増えるため、ドライブやちょっとした旅行気分を楽しめるのがやりがい。というドライバーさんもいます。