建設機械レンタル会社専門の回送ドライバーFAQ

建設機械レンタル会社の車両回送ドライバーの仕事について、疑問や質問について回答します。

Q:回送ドライバーの資格などありますか?

A:必須の資格は普通自動車免許です。その他、大型・中型免許・牽引免許があると対応できる車両が増え単価も上がりますので、保有免許が多い方が仕事量も増え稼げます。

Q:建設レンタル会社ではどのような車が運転出来るのでしょうか?

A:などの大型車が多いイメージがあると思いますが、普通車や軽トラックなどの軽車両が多いです。また特殊車両も一部依頼があります。

回送対応車両


「普通車」普通車、ライトバン他一般車両
「軽車両」軽トラック、軽ワゴン、軽ダンブ
「平ボディ・クレーン付トラック」
「ダンプカー」(2t、3t、4t、10t)
「特殊車両」散水車、高所作業車、橋梁点検車、パッカー車、ナイター車、鉄道用(軌陸車)

Q:車両の納期時間はありますか?

A:回送依頼時に納品場所と時間の指定が必ずあります。前日までに回送依頼がありますので前日に移動手段や経路、所要時間を計算して、納品時間に間に合うようにプランを計画しておく必要があります。
また突発といって当日に急に依頼が入ることもありますので、臨機応変に対応することもあります。

Q:月50万円以上の報酬を得ることはできますか?

A:報酬は1本あたりの移動距離に応じて決められており、建機レンタル会社さんからの報酬の約60%が取り分となります。回送料金が1本1万円とした場合、6,000円があなたの報酬となります。
月50万円を得るには、月25日間稼働なら1日に3.3台運ぶことができれば可能となります。当社にはご夫婦で回送ドライバーをやられている方もおり2人で月に100万円稼いでいる方もいます。

Q:本業の傍ら副業でもできますか?

回送ドライバーは業務委託契約で仕事を行います。本業の合間や本業が休みの日に副業でもできます。本業よりも稼げるため副業が本業になる方もいます。

Q:自宅から通える範囲に営業所がありませんが仕事はできますか?

回送ドライバーの仕事は自宅から直行直帰が原則になるため、近くに営業所がなくても仕事をすることができます。
回送依頼は本社からメールと電話で連絡があり、研修や全社会合以外は出社する必要はありません。

Q:収入はどのくらいになるのでしょうか?

A:建機レンタル会社専門のためレンタカーなどの回送と比較し単価が高く設定されています。
収入は本数次第ですが、1日フルで働けば1~2万円稼げます。

Q:回送ドライバーのやりがいは?

A:固定給ではありませんので、回送した分だけ自分の収入になる点です。
また急な依頼に臨機応変に対応した際に、お客様から感謝されることもやりがいになります。

Q:回送ドライバーに向いている人はどんな人ですか?

A:車の運転をしますので、車の運転が好きな方。収入は成果報酬のため、仕事量に応じて稼ぐことができますが、年間を通して依頼が多いときと少ないときがあります。
宅配やルートドライバーのように安定した固定給が欲しい人には向いていないかもしれません。

Q:大雪や台風のような悪天候でも回送するの?

A:回送サービスは車両を指定された場所まで安全・迅速に運ぶ仕事なのですが、天候上・気象上止む得ない場合は、その都度臨機応変に、会社と相談しながら対応していきます。

Q:基本的に1人で回送するのでしょうか?

A:ドライバーは1人で移動し車を回送します。複数台の依頼があった時は別々のドライバーに依頼をし回送します。または同じドライバーが何度か往復して回送します。

Q:確定申告をする必要があるのでしょうか?

A:自分で確定申告をする必要があります。やり方がわからない方は申告書の書き方など手続き方法を教えます。